スポンサーリンク

【最低賃金2019】過去3年と同水準の3%で決着!沖縄は目安額26円増!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、沖縄の社会保険労務士行政書士松本崇です

今朝未明2019年度の最低賃金の引上げ率が決着したとの報道が本日ありました。

最低賃金、平均で901円 東京・神奈川で時給1000円超えに
厚生労働省の「中央最低賃金審議会」(厚労相の諮問機関)の小委員会は2019年7月31日、19年度の最低賃金(時給)の引き上げについて最終協議を行い、地域別最低賃金の改定の目安を国平均で27円引き上げ、901円とすることを決めた。最低賃金は900円台となったのは、時給で示されるようになった02年以降初めて。東京都と神奈川...

最大の論点は引き上げ率が過去3年の3%を超えるかどうかでした。政府は今年6月の骨太の方針に「全国平均1000円」の達成を早期に目指すことを目標として明記していました。

しかし、引き上げ率が同様3%だったので、全国加重平均が1000円を超えるのは従来通り2023年度になる予想です。

沖縄県はDランク26円の引上げ目安となっています。目安通りだと「788円」が2019年10月1日からの最低賃金となります(2018年度は762円)。

最終的にはこれから開催される地方の審議会で目安額を参考に地方引き上げ額が最終決定されます。現在最低賃金で時給を設定している事業所は、賃金改定の準備をする必要があります。

令和元年度第3回沖縄地方最低賃金審議会が8月6日に開催予定なので、注目しましょう。

最低賃金関係 | 沖縄労働局
お問い合わせこちら
あなたの参謀として企業の成長をサポートします!
福祉の現場で培ったソーシャルワークの経験を活かして、就業規則作成、労務相談、人事評価、賃金規程コンサルティング、クラウド電子申請導入支援を親身にサポートします。
GSRブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
社労士行政書士オフィスGSR
タイトルとURLをコピーしました