増えてきた自動精算レジ

こんにちは、沖縄の社会保険労務士行政書士松本崇です。

レジスター

最近街のスーパーなどで、自動精算するレジが増えてきたと思います。
サンエーやローソンでは店員がお金を入れると自動でおつりが出てくるレジ。かねひでやユニオンでは店員が計算して、支払いは客がやるレジ。イオンのモールでは計算から支払いまで完全セルフレジがありますね。

かたや○○ペイなどのキャッシュレス決済の波は着実に押し寄せようとしています。

セルフレジの導入が進めばレジの使い方の研修時間が削減できます。
しかし設備投資が絡んでくることなので、導入のハードルは高いところが悩みです。


子どもがハッピーセットが好きなので、週末にマクドナルドへ行くことがあります。
マクドナルドなどはいつも行例ができているイメージです。
タッチ画面で注文してキャッシュレス決済でピッと終わることができたら、店員が2人くらいは余裕がでるだろうなと思います。

一方で10月消費税増税に備えるための軽減税率対応レジの導入は遅れているようです。

スマホが世に出て10年。
今や「片手に銀行」の時代になろうとしています。

日本はまだまだ現金社会だと言われています。

私の子どもは貯金箱にお金を貯めています。
将来お小遣いを「チャージして」と言ってくるかと思うと、時代についていけるか不安になります。