【相続】週刊ダイヤモンドと東洋経済がお盆の週に相続について特集しています

こんにちは、GSR松本です。

相続の画像
幸せな相続を目指しましょ

先週はお盆でしたね。
今年はウンケーが13日、ウークイが15日と県外のお盆の時期とまるかぶりしていた珍しいお盆でした。

頭がお盆モードで書店へ行くと、習慣ダイヤモンドと東洋経済の2大ビジネス週刊誌で「相続」の特集をしることに気が付きました。

特集「家族を困らせない 完全保存版 相続」│2019年8月10日号 | 週刊ダイヤモンド
週刊ダイヤモンド最新号の特集は「家族を困らせない 完全保存版 相続」。定期購読者限定・デジタルサービスご利用の方は、すべての記事がお読みいただけます。
週刊東洋経済2019年8月10日-17日合併号 | 東洋経済STORE
東洋経済新報社が発行する週刊東洋経済をご案内しています。

これは「お盆のときはみんなで実家に集まって相続の話をしよう」という、アドバイスの影響があると思います。

「死んだ後のことは親に聞けない」「うちはもめるはずもない」と言っていると、「相続」が”争族”になってしまう可能性があります。

せめて遺言書に遺産分割の割合の意思がないと、相続人だけでの分割協議はもめるおそれがあります。

また相続する財産が自宅とある程度の預貯金だけの場合、自宅の財産価値が相対的に高く、「足りない分はお金で払え」なんて要求される懸念もあります。

お盆は終わってしまいました。
将来の相続について、親や兄弟と話したことがないという方。
来年のお盆に向けて相続の勉強を開始することをおすすめします。

ジブンはまだまだ元気だ心配ないという方。何も準備しないまま亡くなることがどれだけ残された相続人を大変な目にあわせるのか、しっかり考えたほうが良いと思います。

相続に関するお手伝いは行政書士にお任せください。

(ただし相続でもめた場合は弁護士のお仕事になります)

タイトルとURLをコピーしました