gビズIDの取得で電子申請ができるようになる

こんにちは、沖縄の社会保険労務士行政書士松本崇です。

厚生労働省から、”重要なお知らせ”として、「令和2年4月から、無料で取得可能なID・パスワード(gビズID)で電子証明書がなくても電子申請が可能になります!」というリリースが出ました。

「gビズID」を活用した社会保険手続の電子申請について

gビズIDの取得で電子申請ができるようになる

gビズIDの取得で電子申請ができるようになる
厚生労働省HPより引用

「gビズ ID」を用いた社会保険・雇用保険の電子申請の対象となる届書は、次のとおりです。

社会保険

・資格取得届
・資格喪失届
・算定基礎届
・月額変更届
・賞与支払届
・被扶養者(異動)届
・国民年金第3号被保険者関係届

雇用保険

・資格取得届
・資格喪失届
・転勤届
・個人番号登録届

電子申請の際には「届書作成プログラムが必要

電子申請の際には、「届書作成プログラム」または自社システム、労務管理ソフトで申請データの作成を行うことになりますが、「GビズID」に対応した「届書作成プログラム」は、令和2年4月に日本年金機構のホームページに公開する予定ということです。

この「届書プログラム」というものがクセのあるもので、使用になれるまでに少々時間がかかると思います。

労務管理のクラウドソフトなどが今後gビズIDでの電子申請に対応するようになると、社会保険労務士の電子証明書はいらなくなるでしょうね。

細かな部分で、まだ方針が固まっていないところもあるようですが、企業自身で電子申請を行いたい、郵送や行政機関訪問の手間を減らしたいと考える事業所においては、今後もgビズIDの動きに注目が必要です。

<参考>

「GビズID」を活用した社会保険手続の電子申請について」(厚生労働省)